医療脱毛は痛くない?

最近では、痛みの少ない脱毛器が導入されるようになってきました。
脱毛効果が高いこと、そしてなおかつ料金が安くなっていること、この2つの点をふまえても医療脱毛に踏み切ることができない人はとても多いです。
それは、やはりレーザー脱毛が痛いというイメージがあまりにも強いからです。

両ワキをクリニックで脱毛して、とても強い痛みを感じる人も多いです。
ただ、レーザー脱毛器も改善されてきています。
例えば、Light Sheer DUETというのは従来のレーザー脱毛器に比べると、お肌への痛みが少ない最新の脱毛器になります。

実際に施術を受けてみて、それが医療レーザーなのかと疑問に思ってしまうくらいに痛みが少ないです。
実際に施術を受けて、驚かれる方はとても多いんですよ。

医療脱毛において痛みが不安だという方は、Light Sheer DUETのような痛みを感じにくい脱毛器を導入しているクリニックを選ぶようにしてみてください。

また、クリニックでの脱毛においては、麻酔を使うことができます。
麻酔を使用することで、最新のマシンを導入せずとも痛みを緩和することができます。

脱毛サロンであればどれだけ痛みが強くても我慢しなければなりません。
しかし、クリニックなら相談をしたうえで、麻酔を使用することもできます。
これはクリニックにおける脱毛の大きなメリットだといえます。

クリニックだからこそのメリット

やはりクリニックでの脱毛は肌トラブルに強いということが挙げられます。
クリニックでは万一、肌トラブルが起きた時にすぐに診察してもらうことができます。
またその費用も無料ということがとても多いです。

勧誘がないのもメリットの1つです。
クリニックの場合、医療行為ですので勧誘などをされることはありません。
サロンの場合には勧誘が多く、この勧誘がいやでサロンを利用しないという人は多いです。

クリニックの選び方

クリニックで脱毛をする場合にはなにを基準にして選ぶべきなのでしょうか。
やはり院数の多いクリニックを選ぶのがおすすめです。

院数が多いということはそれだけ症例数が多いということでもあります。
クリニックにおけるレーザー脱毛というのは、医療行為です。
専門的な技術を必要とするものですので、実際には施術した回数が多ければそれだけ安心感があるのではないでしょうか。

医療脱毛はもちろんデメリットもあるのですが、メリットも大きいということを覚えておいてくださいね。

コメント