生理中に脱毛を受けることはできるの?

生理中に脱毛できるのか、それとも脱毛できないのかは、脱毛サロンによって違いがあります。
脱毛サロンによって、生理中にVIO以外なら脱毛してくれるサロンもありますし、VIO以外であっても生理中の施術は断られるというサロンもあります。

ちなみにアンダーヘア、そしてお尻周りの脱毛については、生理中に脱毛してくれるサロンはないと思って良いでしょう。
ただ、両ワキ脱毛などのVIO以外の部位なのであれば、脱毛をしてくれるサロンもあります。
脱毛ラボのように生理中の脱毛はどのような部位においてもNGというサロンもありますのでご注意ください。

生理中の脱毛を許可していないサロンの場合、事前に整理が来そうだと分かっているのならキャンセルをして予約を取り直しということになります。
当日になって生理になって店舗に行った場合には断られてしまいますし、1回分の脱毛料金が発生することになります。
キャンセル料を取られてしまうこともありますので、自分が通う脱毛サロンでは生理中の脱毛がOKなのかどうかを知っておくようにしてください。

そもそもどうして断られるの?

生理中は脱毛を断られることも多いです。
生理中には通常時と比べて皮膚が敏感になっているため、痛みを感じやすいですし、抵抗力も弱まっているので脱毛によって肌荒れを起こしてしまいます。
事前にトラブルを避けるためにも生理時には脱毛を断るのです。

生理中に脱毛をするのは良くないというのは嘘ではありません。
施術台に血液がついてしまい衛生的にも良くないということもあります。
病気などの感染リスクもあります。

血液というのは病気を媒介させる可能性もありますので、サロン側としてリスクをとりたくはないでしょう。
理不尽に感じるかもしれないのですが、問題が起きてからは致命的です。
生理中の施術を断る側の言い分として正当な理由でもいます。

どうすれば良いの?

当日キャンセルによって1回消化扱いの倍や、キャンセル料がかかるサロンは、念のために事前に予約変更しておくべきです。
問題は当日がVIOのみの脱毛の場合です。
施術不可ですのでキャンセルをするしかありませんが、その場合にもキャンセル料がかかることもあります。

サロンによって生理中の施術をどのように対応しているのかは全く違ってきます。
そのため、生理中にはどのようになるのか、ということをしっかりと確認しておいてください。
そうすればキャンセルする時に必要以上にコストをかけてしまうこともありません。

コメント